医師の“急性期病院への転職事情”を考える(公立編)

転職 医師
医師の“急性期病院への転職事情”を考える(公立編)

今の時代、医師が急性期病院(公立)に転職をする事情を考えてみる。益々厳しくなる医師の職場の研究と、医師紹介会社を格付け批評する「医師紹介会社研究所」の連載記事を音声化しました。

※医師紹介会社研究所の記事を、視覚障害を持つ方向けに、音声化してアップロードしています。元記事は下記になります。

医師の“急性期病院への転職事情”を考える(公立編)|医師紹介会社研究所
医療業界は日々目まぐるしく変化を続けています。その影響は、病院の機能にも及んでいます。今回は、ここ数年で色々な“変化”を余儀なくされている、急性期病棟に焦点を当てていきたいと思います。

<企画運営>

・医師紹介会社研究所 http://www.xn--ekr87w7se89ay98ezcs.biz/

<【2017年1月最新版 常勤】 医師紹介会社の選び方=初心者向け登録推奨TOP3>

医師の転職サイトランキング(全130社)一覧比較
多数ある医師求人転職支援会社ですが、まずはこの1位~3位社を同時登録しておけば、常勤転職、アルバイト求人に限らず、優良な求人案件を入手することができる確率が限りなく高くなるでしょう。具体的な医師紹介会社の選び方指南です。

<【2017年1月最新版 非常勤/スポットアルバイト】 医師紹介会社の選び方=初心者向け登録推奨3社>

【2018年7月最新版 非常勤/スポットアルバイト】 医師紹介会社の選び方=初心者向け登録推奨3社|医師紹介会社研究所
多数ある医師求人転職支援会社ですが、まずはこの3社を同時登録しておけば、常勤転職、アルバイト求人に限らず、優良な求人案件を入手することができる確率が限りなく高くなるでしょう。具体的な医師紹介会社の選び方指南です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました